strawberry times 何様  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何様
2014 / 12 / 07 ( Sun )
最近通院している婦人科へ再度診察に行きました。

基礎体温表を提出して、

なんだか、排卵するときみたいな卵巣の痛みがちょくちょくありますと
訴えたら、

だから、それはガスだって言ってるでしょ、(え?なんのガスだろ??)
ガスを出してちょうだい、(どこの何のガスをどうやって出すんだっけ??)
あなたの子宮も卵巣も全く異常ないんですからね。
だいたいあなたの言ってる場所に卵巣なんてありませんから、(私はどこも示していないんだが)
痛いのは腸です!

(この人は、なんでひとりでキレテルんだろうか???)

そんで、なにやらオレンヂ色の紙を取り出してきて、
それを見ると、タイトルに「便秘」が云々と書いてある。

あ~、わたし、便秘はないんだけどなあと思うものの、
センセーがペラペラ便秘について語り始めていて割り込むすきがない、

しかし、言わせてもらおう、

「わたし、どっちかいうと過敏性腸の下痢タイプなんです」と精一杯つぶやいてみたら、

は?過敏性腸があるの?
なら、それは消化器系の専門医に診てもらってちょうだい、
薬を出してもらえば治りますからね。(治らねーって)

なんだって。
だけど、私は婦人科の主訴で受診してるのであって、
そっち側の見解を聞きたくてここにいるのであって。
まーともかく、あんな酷い対応は初めてだ、
もう来るまいと思い、会計のときに次の予約を求められたが、
予定わからないからあとで、と濁して帰ってきた。

あの女医、あんなキャラだったんだっけ、前回からずいぶん変化していて驚いた。
ネットであらためて調べてみると、
クールで厳しいけど的確な診断であるという賛成派と、
冷たすぎて途中で帰りたくなる、二度と行かないという反対派とにはっきり分かれているようだ。

私も冷静になってみれば、
そーだね、腸の痛みなのかもとも思う。
オレンヂ色の紙にも
「おなかや背中にはたくさんの神経があるため、腸のガスが溜まると神経を圧迫して、溜まった場所に近い内臓の痛みのように感じたりもする」らしいじゃないか。

そんなわけで、
気を取り直して、次回の予約電話を入れましたです。
10 : 30 : 36 | からだ | コメント(0) | page top↑
<<暫定一位 | ホーム | 結局>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。